WebRadio w/I2S -01 . ハードとライブラリの準備

以前からESP32はI2Sで音データを扱える事は知っていました。ただ開発はESP IDEで行う様でそれが理由で敬遠していました。最近Arduino IDEでも開発出来る様に成ったのでそれを使ってWebRadioを作って見ました。

ハードの準備

先ず、I2S入力のアンプが必要です。

  • Dacのデータを音に変えるI2Sプレーヤー
    • HPにはラズベリーパイI2Sプレーヤー用PCM5102 DACデコーダES9023と有りました。
    • 入力がR/Lの2つ。
    • 電源が5から10V。ここは注意

これだけで音は出るんですが、スピーカーを2つ駆動したかったので念の為、増幅アンプも使用する事にしました。

その他

  • スピーカー
    • 2chなので左右用に2つ
  • 電源
    • アンプの入力電圧が5Vなので、使用する電源は5V。
    • ESP32がUSBコネクターを持っていればそこから5Vがとれるかもしれません
    • 別で用意した方がベターと思います

が必要です。

ライブラリの準備

先ずは、ESP8266AudioというライブラリーをArduino IDEに追加します。

Clone or Download ボタンをクリックすると、Download ZIP画面が表示されます。それを押してダウンロードします。Arduino IDEで、”スケッチ”ー>”ライブラリーをインクルード”ー>”.ZIP形式のライブラリーをインストール”と進み、先程ダウンロードしたファイルを選択すればインストール完了です。

回路

ちょっとフライングですが、サンプルプログラムを見るとAudioOutputI2S(); というI2S出力関係の関数が有ります。そこで以下の様に出力を定義しています。

これを元にESP32とI2Sプレーヤーの配線を行うと以下の様になります。

ESP32I2Sプレーヤー
GPIO25LRCK
GPIO26BCLK
GPIO22DATA

実際に配線は以下の通り

次回は

これで音を出す準備が出来ました。次回は実際にデータを再生してみたいと思います。