systemd

  • SysVinitに代わる新しいinitの仕組み。
  • 扱う処理をUnitという単位で管理する。
  • サービスの並列起動によって高速なシステム起動や停止が行える
  • cgroupsでプロセスのリソースを管理する。

以下のデーモンプロセスが連携して動作。

プロセス名 機能
 systemd  systemdの本体となるプロセス。initの代わりに常駐
 systemd-journald  systemdが制御する各サービスが出力するログを扱う
 systemd-logind  システムへのログイン、起動停止、電源ボタン操作などを管理
 systemd-udevd  従来のudevに代わり、デバイスの動的変更、検出を行う
  • Unitの各機能ごとの拡張子。
    • /etc/systemd/system/ 以下に各拡張子を持ったファイルが保存される。
    • システム起動時に最初に実行されるUnit →  /etc/systemd/system/default.target
拡張子 機能
 device  各種デバイスを管理するUnit
 mount  ファイルシステムのマウントを管理するUnit
 service  サービスを制御するUnit
 swap  スワップ領域を管理するUnit
 target  複数のサービスを一つのグループにするためのUnit

SysVinitのランレベルとsystemdのターゲット比較。 /lib/systemd/system に格納

ランレベル ターゲット
poweroff-target
rescue.target
2,3,4 multi-user.target
graphical.target
reboot.target

次回起動時にグラフィカルログインさせる ー> default.target を graphical.target のシンボリックリンクに設定。

rm -f /etc/systemd/system/default.target
ln -s /lib/systemd/system/graphical.target /etc/systemd/system/default.target