Debian関係

— dpkg ————————————————-

  • Debian系パッケージを管理する基本的なツール。
  • 設定ファイルは「/etc/dpkg/dpkg.cfg」
  • Debian形式のパッケージのインストール・アンインストールなど、基本的なパッケージ管理を行うコマンド

書式:dpkg [オプション] アクション  

オプション 説明
-E  同じバージョンが既にインストールされていればインストールしない 
-G  新しいバージョンがインストールされていればインストールしない
-R  ディレクトリを再帰的に処理
アクション 説明
-i  –install  package/file name  パッケージのインストール 
-r  –remove  package name  設定ファイルを残してパッケージをアンインストール
-P  –purge  package name  設定ファイルも含め完全にパッケージをアンインストール
-l  –list  検索パターン  インストール済のパッケージを検索して表示
-L  –listfiles  package name  指定したパッケージからインストールされたファイルを一覧表示
-s  –status  package name  インストール済みパッケージの詳細情報の表示
-S  –search  package name  指定したファイルがどのパッケージからインストールされたかを表示
-C  –audit  インストールが完了していない(不完全)パッケージの表示
パッケージのインストール  dpkg -i man-db_2.8.5-2_amd64.deb
アクションとショートオプションは同時に指定  dpkg -iE bash_4.3-11+b1_amd64.deb

dpkg-reconfigure:   インストール済みのパッケージを再設定するコマンド 

— apt-get —————————————————–

  • dpkgツールを拡張したツール群。
  • インターネット上ないしはメディア上のパッケージ情報のデータベースを使い依存関係を調整しながらパッケージ管理を行う。
  • パッケージの取得元(リポジトリ)は「/etc/apt/sources.list」ファイルで設定

書式: apt-get [サブコマンド]

サブコマンド 説明
 install パッケージ名  パッケージのインストールまたはアップグレード
 remove パッケージ名  パッケージのアンインストール
 purge パッケージ名  設定ファイルを含んだパッケージのアンインストール
 upgrade  インストール済みの全パッケージのアップグレード
 dist-upgrade  ディストリビューションを最新版にアップグレード
 update  パッケージのデータベースを最新版に更新
 clean パッケージ名  過去に取得したパッケージを削除

— apt-cache ———————————————–

  • Debian形式のパッケージ情報の検索・参照などを行う

書式: apt-cache [サブコマンド]

サブコマンド 説明
search キーワード  キーワードを含むパッケージを検索と表示
show パッケージ名  指定したパッケージ情報の表示
showpkg パッケージ名  指定したパッケージのバージョンや依存関係などの情報を表示します。
depends パッケージ名  指定したパッケージが依存しているパッケージを一覧表示します

— apt ——————————————————–

  • apt-getコマンドとapt-cacheコマンドの機能を統合したコマンド
 apt-get update  apt update
 apt-get upgrade  apt upgrade
 apt-get dist-upgrade  apt full-upgrade
 apt-get install package  apt install package
 apt-get remove package  apt remove package
 apt-cache search package  apt search package
 apt-cache show package  apt show package
 apt-cache search <regex>  apt search <regex>