SPIFFSプラグイン

外付け回路無しでファイル操作の出来るSPIFFSプラグインの説明です。

ESP32の場合

  • me-no-dev / arduino-esp32fs-pluginへ飛ぶ
  • Installation欄の、Download the tool archive from releases page.をクリック。
  • 開いたページにある、ESP32FS-1.0.zip をダウンロード
  • ダウンロードしたファイルを展開。
  • その中にあるESP32FS フォルダーを Arduinoフォルダーの下のToolsフォルダー(なければ新たに作成)にコピー
  • Ardunio IDEを起動、「ツール」メニューに ESP32 Sketch Data UploadがあればOK。

ESP8266の場合

  • esp8266 / arduino-esp8266fs-pluginへ飛ぶ
  • Installation欄の、Download the tool archive from releases page.をクリック
  • 開いたページにある、ESP8266FS-0.5.0.zipをダウンロード
  • ダウンロードしたファイルを展開。
  • その中にあるESP8266FS フォルダーを Arduinoフォルダーの下のToolsフォルダー(なければ新たに作成)にコピー
  • Ardunio IDEを起動、「ツール」メニューに ESP8266 Sketch Data UploadがあればOK。

ESPへの書き込み

  • 作成中にプロジェクトに data フォルダーを作成
  • 書き込みたいファイルを data フォルダーに保存
  • Arduino IDEの「ツール」メニューに Flash Sizeが有ります。サイズを指定して下さい。
  • ESP32なら、ESP32 Sketch Data Uploadを ESP8266ならESP8266 Sketch Data UploadをクリックするとESPへ書き込まれます。