SDカードスロットソケットリーダーモジュール

Webで探せばすぐ見つかるSDカードスロットソケットリーダーモジュール。Arduino用は接続するだけで動作するスグレモノです。ここでは、それらとCPUとの接続方法について説明します。

SDカード、マイクロSDカード用によく売られているソケットは以下のようなものです。

このようなSPI対応のソケット製品はヘッダーピンに接続端子の説明がプリントされていたり回路図は添付されています。

対応する信号をつなぐのみでOKです。ちなみに、ESP32の場合、VSPIとHSPIがあるのですが、基本的に下記の様に繋げばOKです。ESP32の番号はGPIOの番号です。

SPI対応と書いていないソケット例えば、

は、説明書にピン配置があります。

このような場合、下記の様につなげはSPIで制御出来ます。これ以外のピンは使用しません。

接続を間違えなければ必ず動作します。これらの素子は非常に安くなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする