MPLAB® X IDE Install

最近ご無沙汰しているPICをまたふと始めようと思いました。先ずは開発環境をInstall。

MPLAB® X IDEのInstall

Webで調べるとここー>MPLAB® X Integrated Development Environment (IDE) から始めるようです。

  1. リンク先に行くとこの画面が表示されます。”View Latest Downloads”をクリックすると
  2. この画面に移動します。ここでOSを選択。今回はUbuntus20なので、MPLAB X IDE Linux を選択
  3. 対象をファイルに保存します。保存先は”ダウンロード”フォルダーに設定しています。
  4. そこに移動し対象ファイル “MPLABX-v5.50(1)-linux-installer.tar” を右クリックし “ここで展開(E)”を選択
  5. 新たに 出来た”MPLABX-v5.50(1)-linux-installer”フォルダーに移動し ”MPLABX-v5.50-linux-installer.sh” を確認しメニューバーから “端末で開く(E)”を選択
  1. 端末が開いたら、”sudo ./MPLABX-v5.50-linux-installer.sh” と入力してインストーラーを実行
  2. インストーラの準備が開始。ここでは ”進む” をクリック
  3. ”I accept the agreement” をチャックして”進む”を クリック
  4. ここでは 何もせずに”進む” をクリック
  5. ここも 何もせずに”進む” をクリック
  6. これで準備完了。”進む” をクリックするとインストール開始
  1. インストール中はこの画面
  2. インストール最後にこの画面が出ます。”設定を変えているのでインストール後、再起動して下さい”と言っている様です
  3. この画面で “Finish” をクリックしてインストール終了
  4. インストール終了後の端末はこんな感じ
  1. IDEは、”アプリケーションの表示”ボタンをクリックして “MPLAB IDE”のアイコンをクリックすると起動します。
  2. 起動するといきなりこのメッセージ。”コンパイラーが無いので入れて下さい”と言う内容です。コンパイラーを持っていないのでメッセージ3)のダンロードしてインストールする事にします。
  1. ダウンロード先ですが、最初の(IDEをダウンロードした)ページの下に”MPLAB XC Compiler”というリンクが有るのでこれをクリック
  2. このページで、”View Downloads”ボタンを押すと
  3. このページが表示されます。ここで、”Compiler Downloads”をクリックすると
  4. コンパイラーのリストが表示されます。LINUXの場合、赤枠が対象となります。
  5. MPLAB XC8 Compiler v2.32MPLAB XC16 Compiler v1.70MPLAB XC32/32++ Compiler v3.01の3つをダウンロード。でもインストールの仕方が分かりません。
  6. インストール方法は20の画面の ”Documentation” 欄の “Installing and Licensing MPLAB XC C Compilers” で説明しています。ダウンロードしたファイルに実行権限を与えて実行すれば良い様です。
  1. ダウンロードしたDirectoryで端末を開いて、下記のファイルが有るか確認
    • xc8-v2.32-full-install-linux-x64-installer.run
    • xc16-v1.70-full-install-linux64-installer.run
    • xc32-v3.01-full-install-linux-installer.run
  2. 例えば、xc8-v2.32-full-install-linux-x64-installer.runをインストールする場合
    • chmod u+x xc8-v2.32-full-install-linux-x64-installer.run で実行権を与え
    • sudo ./xc8-v2.32-full-install-linux-x64-installer.run で実行。これでインストーラが起動します。
  3. インストーラのが起動。ここは、”Next>”をクリック
  4. ”I Accept the Agreement”をチェックし”Next>”をクリック
  5. ここでは、”Free”にチェックし”Next>”をクリック
  6. ここは何もせずに、”Next>”をクリック
  1. 該当する項目をチェックして”Next>”をクリック
  2. これでインストール用のセットアップが終了。”Next>”をクリックしてインストール開始
  3. インストール中
  4. この画面。意味が分かりません。何も変更せずに、”Next>”をクリック
  5. これで終了です。その他2つのファイルも同様の作業でインストールして下さい。
  6. 最後にIDEを起動しましたが、今回は何もメッセージは表示されませんでした。OKです。

これでインストール終了です。

次回は

今回はIDEのインストールの説明でした。次回は簡単なプログラムを書いて、実際にPICに焼き実行してみたいと思います。