BISS0001 人体赤外線感応モジュール

人体赤外線感応モジュール ”HiLetgo® 3個セット HC-SR501人体赤外線感応モジュール 人体の赤外線の感応器 [並行輸入品”を買って見ました。この製品、HPに回路図も有り製作の参考になります。

この回路図より 焦電型赤外線センサの制御用ICがBISS0001と分かったのでSPECを探すと、ここに説明書が有りました

BISS0001

モジュールの概要は以下の通り。

参考回路も有りました。

簡単に説明すると

  • 1番ピン  再検知の有無。 H:再検知有り L:再検知無し
    • 一旦トリガーがかかる(センサーが対象物を感知する)と一定時間2番ピンがHighになるのですが、このHighの間にもう一度トリガーがかかった場合の動作を設定します。
    • ピンがHighの場合 
      • トリガーがかかった時点でカウンターがリセットされる。
      • つまり対象物が動いている場合、常にトリガーがかかるのでHighの状態が続く。
      • この意味で、再検知有り
    • ピンがLowの場合
      • トリガーがかかってもカウンターはリセットされません。
      • つまり一回トリガーがかかれば、その後トリガーの有無にかかわらず、規定の時間のみ出力がHighになり、設定時間になればLowになる。
      • その意味で、再検知無し
  • 2番ピン  検知出力。 H:検知有り
    • トリガーがかかると一定時間Highになります。
  • 3,4ピン 検知出力時間設定用ピン
    • ここに配線されているR,Cで出力保持時間を設定します。
    • 計算式は、Tx = 24576 x R10 x C6 (sec)  R10,C6は回路図参照
  • 5,6ピン 待機時間設定用ピン
    • 出力ピンがLowになってから状態を保持する時間の設定に使用します。
    • 計算式は、Ti = 24 x R9 x C7(sec)    R9,C7は回路図参照
  • 9番ピン  モジュールの有効、無効設定用ピン
    • High: モジュールが有効
    • Low: モジュールが無効
  • 12から16ピン: センサー素子の入力とその出力

改めてHPの回路を見ると

  • 出力保持時間:3,4ピン
    • C:0.01uF。 R: 10kの抵抗と1Mの可変抵抗よって
    • 最小保持時間: 24576 x 10000 x 0.01 x 10^-6 = 2.5 sec
    • 最大保持時間: 24576 x 1010000 x 0.01 x 10^-6 = 248 sec
    • HPには5から200秒と有るのでほぼその通り。
  • 待機時間設:5,6ピン
    • C: 0.1uF。 R:1M
    • 待機時間: 24 x 10^6 x 0.1 x 10^-6 = 2.4 (sec)
    • 出力がLowになってから約2.4秒の待機時間となります。
  • 12番ピン
    • ここに可変抵抗が入っています。ここはセンサー素子からの入力です。
    • HPの説明ではセンサーの感知距離の設定に使う様です。
  • 9番ピン
    • HPの回路とSPECの回路で配線が違う事に気づきました。
    • Cds(光センサー)で暗くなった時にICを有効にする為の回路です。
    • HPの回路では動作しません。SPECの回路が正解です。
    • HPの回路はミスプリントと思われます。

製品を見ると

製品は以下の様になっていました。

  • 上部に有る3ピン
    • 左から GND 信号 電源(4.5から20V) となっています。
    • 真ん中の信号の電圧は、High: 3.3V Low: 0V です
    • センサーが感知すると信号ピンがHighになります。
  • 3ピンの下の穴2つ
    • Cds実装用の穴です。
    • Cdsは別売です。
  • 下の2つの可変抵抗
    • 左: 感度調整。測定距離を調整出来ます。
    • 右: 時間調整。センスした後の継続時間を設定出来ます。
  • 左下の3ピン
    • 1と2をショート: 再検知有り
    • 2と3をショート: 再検知無し

最後に動作確認

電源に5Vを入れ、信号ピンにLEDを繋いで動作を確認したのですが、問題無く動く事が分かりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする