センチュウに付いて

今日、いつもの様に畑に生ゴミを埋めていたら通りがかりの人に、

”湿ったまま埋めると、センチュウが発生するよ。発生すると駆除が大変だよ”

と指摘されました。そこで、センチュウについて調べて見ました。Webでここを見つけました。ー>畑の害虫図鑑〜センチュウ編〜

センチュウとは線形動物門の総称で、地球上の多細胞生物の中で最も種類が多いと言われ、地中だけではなく、海中や生物体内に住んでいるものもいます。土の中には無数のセンチュウがいて、植物に寄生するもの以外にも、細菌や糸状菌を食べたり、他の種のセンチュウを食べるものもいるなど、農作物に被害をもたらすセンチュウは数多くあるセンチュウの種類のごく一部でしかありません。悪さをするイメージの強いセンチュウですが、実際には地球の生態系を支える重要な生物と言えます

そもそもどの土にも生息していて、輪作等で土のバランス偏りが起こると大量に発生すると有りました。センチュウの発生原因と生ゴミ埋めの直接的な関係は見つかりませんでした。その人の場合、生ゴミを埋める事により土のバランスが偏ったのでしょうか。

確かに、一度発生すると駆除が大変な様です。発生した畑で使用した農具を他の畑で使用するとそこで発生する事も有る様です。

発生すると、

  • 芽は出るが大きくならない
  • 途中で枯れる
  • 根がコブ状になる

等の症状が出る様です。目に見えない大きさ、地上では無く地中で活動しているので見つけ難く、駆除し難い様です。取り敢えず土のバランスを崩さない様に気をつけるしか無いのですが、実際何に気を付ければって思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする