ESP32を買って見ました

Webを見ていたらESP-32 ESP-32Sボードが1個552円。2個買ました。でも今見たら891円。の価格は見る度に変わります。

ESP32と言っても何種類か有って、”ESP32-WROOM-32”に簡単にまとめられています。ちなみに今回買ったのは30ピンタイプです。

さてどうやって動かす?

開発環境については”ESP32の開発環境いろいろ“に色々なケースが説明されています。多分取っ付きやすいのは、”Arduino Core for the ESP32”と思います。”Arduino”はメジャーでライブラリーも豊富。Webの記事も多い。

インストールはここを参考にしました。”esp32-wroomDevkitCをarduino IDEでセットアップからサーボ駆動まで(Windows)”。普通にArduino IDEをインストールしてESP32関係のドライバーやライブラリーを追加して行きます。

ほんとに動く?

IDEのインストールが終わったので実際に動かして見ました。

このボードにはLEDが2個載って、一つ(向かって左側)はパワーLEDで赤色。もう一つ(向かって右側のLED)はGPIOの2番に繋がっています。このLEDを1秒毎にオンオフさせます。


void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  pinMode(2, OUTPUT);
}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  digitalWrite(2, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(2, LOW);
  delay(1000);
}

プログラムのコンパイルとESP32への書き込みを行います。まずはPCとESP32の接続

  • 先ずは、PCとESP32の接続
    • USBケーブルでESP32本体とPCをつなぐ
    • この時点で、パワーLEDが点灯する。
  • シリアルボートの確認
    • ”ツール”ー>”シリアルポート”で使用するUSBポートを設定。
    • ポートが不明の場合は、
      • ESP32からUSBケーブルを抜いて上記でシリアルポートを表示される。
      • 次にESP32をUSBでつないでもう一度ポートを表示される。
      • 新しく表示されたポートが使用するUSBポートです
  • デバイスの選択
    • ”ツール”ー>”ボード”で”ESP32 DevModule”を選択

これで準備完了。後は下記の右矢印アイコンをクリックすると自動でコンパイルと書き込みが行われます。

画面にはリセットボタンを押せと表示されますが、このプログラムは押さなくても実行され青色LEDが1秒間隔で点滅しました。IDEでESP32が動かせる事が確認されました。

ところで、2つのボタンは何?

基板上にある2つの黒いボタン、”EN”と”BOOT”ですが、これは手動でプログラムを書き込む時に使用する様です。”ESP32-WROOM-32”に説明されています。

今回は自動で出来ましたが、出来ない場合このボタンを使用して手動で書込、実行を切り替える様です。

最後にピン比較

今回のボードは30ピンです。38ピンをよく見かけるのですが30ピンとの違いは

  • GNDが3本から2本へ  (1本減)
    • 2本有れば十分?
  • GPIOの6,7,8,9,10,11が削除 (6本減)
    • これらはESP32内部のRAMアクセスに使用している様です。
    • ピンアウトされても実質使用出来ない
  • GPIO0が削除 (1本減)
    • このピンはプログラムの実行か書込かを決定する為に使われています。
    • このも触らない方が良い

確かにピン数は減りましたが、30ピンで十分に思えます。実際問題無く動くし。安いし。